着物に合わせる帯についての基礎知識

一般的に礼装用の帯として着物を着る方に愛用されている袋帯ですが、ここでは袋帯の基礎知識にまつわる誕生の歴史についてお話ししたいと思います。まず袋帯が生まれた経緯ですが、これについては幾つかの説があります。一つ目は、第二次世界大戦の敗戦後の慢性的な物資不足の中で作り出されたのが、表と裏で成り立っている袋帯と言われています。二つ目は、昔から着物を着る事が正装であった舞妓さんや遊女などが従来から使用してきた丸帯がとても重く、また締めづらいといった理由から考え出され、やがて世間一般に広まり、愛用される様になった、と言う説もあります。このように丸帯の軽装化から派生した袋帯ですが、ほぼ同じタイミングで名古屋帯も誕生しています。こちらの特徴も袋帯と同様に、丸帯と比べて簡単に結べる事があります。

着物に必要な帯についてお教えします

袋帯のサイズや柄に関する事について解説します。長さですが、約430cmからと名古屋帯と比べると長めとなっています。また礼装用を目的として作られているので、慶事や披露宴などのおめでたい席での着物の帯として使用され、いつまでもおめでたい事が重なり続くように、といった意味合いで用いられる二重太鼓結びが出来るようになっています。続いて柄ですが、主に六通柄存在します。これは二重太鼓を結ぶように考案されているため、手先部分とタレから胴回り一周分にだけ柄があるからです。また袋帯は織り方によって仕立て方が異なります。現在の主流は縫い袋仕立てで、表と裏を別々に織り上げて両耳を袋状に仕立てます。次は片縫い仕立てですが、表裏を合わせて16寸幅に織り上げて半分に折って片耳を縫い合わせる仕立てになります。最後は本袋仕立てです。これは表と裏を袋状に織り上げてタレと手先の口部分をかがって仕立ててあります。

着物と帯のベストマッチについて

袋帯は着物の中でも礼装用の帯として用いられますが、中にはカジュアルな物も幾つかあります。まずはフォーマル用袋帯です。これは金糸を主として織られており、おめでたい時に使用されるので吉祥柄が多く、西陣で織られた帯がメインになります。次は振袖用袋帯です。これは礼装用ではありますが、振袖向きの袋帯で色鮮やかで柄も愛らしい花をモチーフにしたデザインのものが多いのが特徴です。そしてカジュアル用袋帯です。これは金糸をあまり使用せずに織られており、幾何学模様や現代柄の比較的、遊び心があるデザインです。また趣向をガラッと変えたレースを使用した華レースなどもあり、これはサイズも長めなしっかりした袋帯なので変わり結びも出来ます。このように柄一つとっても様々な特徴があり、着物をより一層、際立たせるアイテムとして袋帯を使用する事をお薦め致します。

袋帯、名古屋帯、八寸帯、各種をフォーマル、洒落多数掲載中です。 1年以上経過した場合は、お仕立てご依頼前にメールまたはお電話にてお問合せ下さい。 超逸品から自信のセレクトの着物まで誠心誠意お手伝いします。 お仕立て上がり袋帯は2万9千8百円からです。 きもの初心者から、上級者まで、お気軽に利用できるコールセンター完備です。 着物帯といえば京都きもの市場