帯は着物に合わせて選ぶのがおすすめ

着物一枚に帯三本と言われているように、帯を変えることによって着物の印象も雰囲気も格も変わり、着用シーンが幅広くなりコーディネートを楽しむことができます。帯締めや帯揚げなど、帯周りの小物を活用することで更に組合せの幅も広がります。また着物と帯を合わせるときのポイントとして、着物の格と帯の格を合わせる必要があります。格式高い着物を着用するときには、格上とされている染めの着物に織りの帯を合わせるのが望ましいとされています。さらに染めの着物に織りの帯という合わせ方は、礼装からオシャレ着まで幅広く着用することができるため、迷いがある時は基本に戻ると良いでしょう。必ずしも染めの着物に織りの帯を合わせる、ということはなく、格式の高い場所でなければシーンに合わせて、色々な雰囲気を楽しむこともできます。

着物の帯の基礎知識である種類について

着物の帯には、さまざまな種類があります。まず丸帯は、広幅の生地を二つ折りにして仕立てたものとなり、現代では花嫁衣裳である打掛や黒本振袖に使われています。錦織や唐織などの織物となり、袋帯が登場するまでは第一礼装の帯として振袖の着用時にも活躍していました。帯の中では一番格の高い帯となります。袋帯は、帯の表と裏が袋状で仕立てられている帯を指し、普段着から礼装用まで幅広く使うことができます。袋状になっている本袋、二枚の布を縫い合わせている仕立袋があり、仕立袋が一般的となっています。現代では丸帯に代わって、礼装や準礼装に使用されています。本袋帯は表地と裏地が一枚の布で筒状に織られており、表地を織った後で裏地を織るため、回転しながら織る必要があるため高い職人技が要求されます。そのため生産数が少なく、とても高価な帯となっています。

着物の帯の格や特徴について解説

お太鼓部分は袋帯と同じ寸幅で、手先がその半幅になっている帯を名古屋帯と呼んでいます。名古屋帯は礼装には向きませんが、金糸や銀糸、箔が使用された織りの名古屋帯は準礼装で使用することができます。喪服の際は、名古屋帯が主流です。また通常の袋帯はお太鼓が二重ですが、一重となり長さが短い袋帯を京袋帯、または八寸名古屋帯と呼んでいます。こちらの格は名古屋帯と同等となっています。帯幅が通常の半幅帯で、四寸仕立となっている帯を半幅帯、又は四寸帯と呼んでいます。浴衣や紬、ウールといった普段着において、また女性袴の帯や羽織下などに使用されています。角帯は男帯の一種となり、幅が10cmの帯を指します。男性が着物を着用する際に最も使用される帯となり、兵児帯よりも格式が高くなります。