着物の帯にも色々な種類があります

着物にも種類があるように、それに合わせる帯にも種類があります。多くの場合は着物購入時に帯もセットで合わせて選び、知識の豊富な店員のサポートで相応しい帯を選んで購入する事でしょう。しかし、いざ自分で購入するとなると、着物に合わせるのにはどんな帯が相応しいのかすぐには分かりません。女性用にも形状や使用用途ごとに違いがありますし、男性用のものも女性の帯とは違う複数の種類があります。着物に相応しい帯を選ぶ時に知っておきたい基礎知識を紹介します。折角気に入った帯を購入したとしても、着物に合わせる段階で失敗しては台無しになってしまいます。そういったケースを避けるためにも、これから初めて誂える方にも、習慣的に購入している方にも耳寄りな情報となるはずですので、買い物をする際には是非ご活用下さい。

帯の中では最も種類が多い女帯について

私たちが着物を纏う際に腰を締めるために使う帯は、性別ごとに数種類に分かれた名称があります。目にする機会がある着物の中で最も古くからある帯が、丸帯と呼ばれている四メートル以上ある非常に長い帯です。その長さによる扱い辛さと製作する費用の高さが原因で、現在では簡略化した袋帯にとって代わられています。目にする少ない機会は、芸者や舞妓などの古典衣装で着飾った女性にお目にかかった時位です。格式が必要とされる正装や礼装で必要とされるのが、丸帯を使いやすくした袋帯という種類の帯です。その多くは女性用ですが、中には男性用の袋帯も存在します。普段使いの着物には、袋帯よりも軽くて締めやすい名古屋帯を使用します。最もカジュアルなのが、小紋や浴衣を着る時に使う半幅帯です。舞台や民謡舞踏などの動きやすさがもとめられる着物にも対応できる多用性があります。

女帯以外にもある男帯や子供用の帯

男性や子供が着る着物と帯にも種類があります。男帯に使われる中で一番格式があるのが、角帯と呼ばれる長さが四メートル程の長い帯です。幅は広くても十センチ程度で、女性と比べたらだいぶ狭いのが特徴です。礼装に合わせる際には、絹の布地に金糸や銀糸が縫い付けられた高価なものが使用されるケースがあります。材質が木綿などの柔らかい素材で短く扱いやすい男帯は、三尺帯と呼ばれます。三尺は現在の長さで表すと、だいたい90cmになります。その他の種類だと、角帯よりも生地が柔らかく締めやすい兵児帯という帯もあります。柔らかい材質のため結び目がほどけにくく、正式な場で身に着けるには向かないという難点もあります。しかし体に沿ったライン維持が可能で、かつ体に負担をかけないという利点から、子供に浴衣を着せる際に用いられるようにもなりました。