着物の帯のお手入れの仕方を解説

着物は日本の伝統装束です。縄文時代の貫頭衣が着物の起源と言われ、国交などによって影響を受けながら現在のデザインに変わってきたという歴史深いものです。着物にはいくつか種類があり、それぞれに格も備わっているので、用途別に使い分ける必要があります。代表的なものに、黒紋付、留袖、振袖、訪問着、小紋、色無地、付け下げ、紬、浴衣などがあげられます。格式の高いものは黒紋付や留袖です。訪問着や小紋以降はカジュアルな外出着としての位置づけになります。又、カジュアルでも紋が付くか付かないかによって格式の高さが違ってきます。そして、それらの着物に合わせる帯も決まりがあると言われています。慶事の時には喜びが重なるという意味で袋帯を使います。浴衣には半巾帯、訪問着や小紋、紬は袋帯や名古屋帯といったように、帯にも着物同様の格がある為、組み合わせを間違えないように気を付ける必要があります。

着物に合わせる帯にも種類がある

着物に合わせる帯には主に3種類あります。一つ目は袋帯です。幅は31.2㎝あり、長さは4m半前後あり、帯の中で最も長い帯です。二重太鼓や華やかな飾り結びをする為、長く仕立てられているのが特徴です。二枚の生地を袋状に縫い合わせて作るのでこの名前がついたと言われています。通常、婚礼など格式の高い儀式に用いられますが、最近はカジュアルな着物にも合わせることも一般的になっています。二つ目は、名古屋帯で、幅は30.4㎝あり、長さは約3.8mくらいです。カジュアルな着物に合わせる代表的な帯として知られています。袋帯よりも簡単に結ぶことができ、柄や素材によっては多少改まった場所でも使えるとても使いやすい帯です。三つ目は半巾帯で、帯を半分に折って仕立てるので巾は狭く17㎝ほどで長さは約3.7mになります。普段着や浴衣などによく合わせることで知られています。季節を問わず使うことができるのでとても便利です。

着物の帯は使った後の手入れをきちんとして長持ちさせよう

帯は洗濯をしないことが基本とされているので、水に濡らすことは好ましくありません。日頃のお手入れを怠らずにすることで、帯を長く愛用できます。着物を脱いで外した帯は、汗などで湿っているので、ハンガーにかけて室内干しをし、しばらく置いて湿気をとばします。一晩くらいは干しておくとよいでしょう。その際、柔らかい素材のブラシや布などで表面のほこりを払い落します。結んだ時のシワが気になる場合は、二つ折りにしてから巻物をまくように巻いていくと多少の効果はあるようです。アイロンをする場合は平織の薄い帯揚げに限り、当て布は必須で低温でかけることが望ましいです。汚れやシミ抜きは、専門業者に依頼することが無難です。最後はそれぞれの帯に合ったたたみ方をして、たとう紙に収納します。湿気がこもらないようできれば上の棚にしまうことをおすすめします。季節の変わり目など、定期的に陰干しするとカビ対策にもなり、長持ちします。