着物を引き立てる帯の魅力を解説

着物と帯は切っても切れない関係です。帯はベルトの役割だけではなく、着物を美しく見せるコーディネートの準主役です。帯の合わせ方で同じ着物でも全く違う装いとなることもあります。帯の種類も模様も様々ですから、様々な場所に合わせて現代風から古風な柄まで選ぶことができます。正式な場所に行くときには、ある程度失礼にならない組み合わせにすることが良いですが、仲間内だけのパーティーや、友人の披露宴など、華やかさを求められる気軽な場所でしたら、紋切型に格式にこだわりすぎずに現代風な模様を取り入れた帯を楽しめますし、正式な場所であれば、着物を購入する際にお店の方と相談して落ち着いた文様のものを一本持っておくことで、慌てることなく場所に参加することができます。帯の文様には意味があるものや、季節に関係する物もありますので、選ぶときに尋ねておくこともおすすめします。

帯の種類は着物の種類によってつける物が違います

帯とひとくちで言っても色々な種類があります。また着物の種類によって、帯の種類も変わってくることがあります。わかりやすい例ですが、男性の紬やゆかたのような着物に結ぶ角帯を振袖に使用することは、ほぼ無いと思いますし、正式な場ではありえない着方になります。カクテルドレスにメタリックなアクセサリーや男性用の黒の革靴を履いているような違和感といえばわかりやすいと思います。伝統のある礼装の帯は、丸帯といわれていますが、主流ではなく、花嫁衣裳などに用いられる程度になったものです。丸帯の代わりに礼装に用いられるものが袋帯とよばれるものです。おしゃれ着や普段着に使われるものは名古屋帯とよばれているものです。こちらは大正時代に考案された帯で、袋帯よりも扱いやすいという特徴があります。

手軽な帯により、さらに着物に親しみやすくなります

さらに新しく考案された帯を袋名古屋帯といい、袋帯と名古屋帯の良い所を合わせた帯です。こちらもおしゃれ着や普段着に使用されます。夏に結ぶ帯としては博多帯があります。そして夏の代表であるゆかたや、カジュアルに楽しむ帯に反幅帯があります。袋帯や名古屋帯の半分の幅のもので、長さも少し短めのものです。普段着物に縁が無いかたも、こちらの帯に触れたことがある人は多いと思います。また帯は、帯単体ではなく、帯の形が崩れないようにする帯締めや、帯枕を覆うための帯揚げ、帯締めを飾る帯飾りなどもあります。また帯が上手く結べない方のために、今では付け帯というものがあり、始めからお太鼓と呼ばれる背中の結びを作っておいて、巻くだけの帯に後から取り付けるだけのものです。より気軽に着物に親しめるように作られている物です。